住み続けられる任意売却

任意売却情報紹介サイト

任意売却情報紹介サイトのメイン画像

住宅ローンを滞納してしまっているが、住み続けたい場合、買い戻し条件、もしくはリーズバック不動産としての任意売却が考えられます。

住み続けられる任意売却

任意売却といのは、基本的に住んでいた家を売却し、引っ越しをするというものですが、任意売却にはその後も対象の家に住み続けることができるケースもあります。

代々受け継がれてきた家だから手放せない、子供の転校を避けたい、その地域で商売をしているなど、どうしても住み続けたい場合、買い戻し条件、もしくはリーズバック不動産としての任意売却が考えられます。

買戻し条件の任意売却とは、親子や親族の間での売買をする方法です。

簡単にいえば、子供や親族に家を購入してもらうということで、将来的には買い戻すということを考えての売却となり、他に売却をしないという信頼ある相手にお願いします。

売却後は賃貸借契約を結んで賃貸料を支払うことで住み続けることが可能となります。

リースバック不動産としての任意売却とは、不動産投資をしている投資家に売却する方法です。

自分が住むためではなく、投資目的で不動産を探している人に売却し、その後、賃貸借契約を結ぶことで住み続けることができます。

一定期間を経てまた買い戻すということを見越した任意売却となります。

リースバック不動産としての任意売約は単なる親子間、親族間で行う取引ではなく、投資家としてもビジネスとして考えているため、執行受諾文言入りの公正証書を取り交わすことが良いでしょう。

家賃滞納には厳しく、強制退居させられるという約束が含まれます。

リースバック不動産の任意売却をする場合は、家賃を支払っていける収入が確実に約束されている場合にお勧めできる方法です。

Copyright (C) 任意売却情報紹介サイト(www.alarmtox.net) All Rights Reserved.