Author Archives: admin01

青葉区の建売一戸建ては、土地面積で30~50坪しかないの?

仙台市青葉区の建売一戸建て住宅や中古の一戸建ては、70~80坪も多くあります。

「職住近接」で単身赴任者の人気ランキングでも上位。

庭付きのマイホームが手頃な価格で手に入ります。

■青葉区には70~80坪の一戸建てがある。

東京や首都圏の新築一戸建てでは考えられないことですが、青葉区には土地面積にして70~80坪という中古・新築の一戸建てが数多くあります。

もちろん青葉区にも50坪の土地面積の建売一戸建てはありますが、さすがに30坪というのはありません。

それだけ環境に余裕があるということです。

■単身赴任先ベスト3常連、その理由とは?

もともと仙台市は単身赴任の人たちからの人気が高く、ある不動産会社のリサーチでは、赴任先の人気ランキングでトップ3の座を獲得しています。

これは何を意味しているかというと“職住近接”で、仕事するにも遊ぶにも、不便を感じない便利な街ということです。

職場・繁華街から15分も歩けば、社宅に着けるというのが魅力です。

青葉区もそのような環境を有していますから、そこに50坪~80坪の一戸建てをもてるのであれば、夢のような話です。

■仙台市青葉区で売り出されている一戸建ては、土地面積にして50坪~80坪。

東京では夢のようなマイホームです。

最近では環境を優先しての移住者が増えています。

東京は便利ですがとくに子育て世代には適していません。

「一戸建てなんて庭がないのが当たり前」、「50坪なんてとんでもない」。

これでは健やかに伸び伸びと暮らしていけるわけがありません。

仙台市青葉区のマイホームは移住先としても高い価値があります。

青葉区で将来的に売却を考えるなら、一戸建てよりマンション?

“一戸建てやマンションの将来的な優位性”を考えるなら、青葉区の実状を詳しく調べてからどちらにすべきかを決めるべきです。

地域特性がカギを握ります。

■青葉区の住民の指向性・地域特性を見抜くべき。

一戸建てよりも流通性が高く、「立地が良ければ1週間で買い手がつく」と言われるのがマンションです。

しかしそれは東京・首都圏の話なので、仙台市の青葉区が実際にどうなのかは不明です。

一戸建てやマンションの流通性は、その県や市に暮らす人々のライフスタイルや指向性で決まります。

富山県などは自宅保有率100%の県で、そもそもマンション自体がありません。

20代で土地付の一戸建てを買うのが普通です。

■土地がない東京と土地はある仙台青葉区との違い。

土地がない東京や首都圏では、当然ですがマンションのほうがよく売れます。

投資用としての高い運用性が見込めることや立地が良いことから、近年では中古マンションのリノベーション物件が大人気だからです。

同じような指向性が仙台市の青葉区にも当てはまるのであれば、確かに“戸建てよりマンションを買ったほうが将来のため”です。

■仙台市青葉区は、子育て政策にも力を入れているエリア。

一戸建て住宅にも将来の価値や高い流通性はあります。

青葉区は生活施設や交通網などの都市機能と自然環境がほどよくマッチしたエリア。

また子育て支援にも力を入れていることから、若い世代の一戸建て需要も旺盛です。

必ずしもマンションが流通性において優位とはいえません。

☆参考記事はこちら=経験者が語る! 子育て世帯はマンション・戸建て、どっちがいい? | マイナビニュース

青葉区で新築一戸建てを探しています。平均的な価格は?

仙台市青葉区は人気のあるエリアで、新築一戸建ての物件が多く売り出されています。

価格は落ち着いているので、じっくり比較検討して決めましょう。

■70坪~80坪で3700万円~4200万円が1つの目安。

仙台市青葉区の新築一戸建ての平均的な価格は、土地面積が244.4m2~286.98m2(73.93坪~86.81坪)の事例で3700万円~4200万円となっており、おおむねこの範囲で考えておけば購入費用の算出は可能と考えられます。

また青葉区界隈は、この数年、地価の上下動に激しい動きはなく、落ち着いた相場を形成しています。

造成地によっては土地の坪数が50坪を下回る物件もあります。

■購入に際しては、地盤と耐震性のチェックが何より大事。

新築一戸建てを購入する際は、①地盤(軟弱、液状化の可能性)、②建物の耐震性(筋交い、基礎)が重要なポイントになります。

平均的な価格は落ち着いているものの、地盤や建物の耐震性が不十分な物件では、購入後数年でトラブルが発生する可能性があります。

青葉区だけに限った話ではありませんが、購入には慎重を期しましょう。

■青葉区は地価に大きな変動がないため、上物を含めてじっくりと比較検討できます。

掘り出し物だと思い込まず、時間をかけましょう。

一戸建てに限らず、不動産の購入では目の前にある物件を「掘り出し物だ」と思い込んで即断即決する事例が相次いでいます。

これを逃したら後がないかも知れないと思い込むのは危険。

少なくても青葉区内の複数の物件を見て回りましょう。

青葉区の一戸建てを売却します。売り時・タイミングはいつ?

仙台市青葉区に限らず、不動産売却は地価の変動がすべてではありません。

査定時のギャップに落胆しないよう、一戸建ての老朽具合を含め、自己診断しておきましょう。

■売主として最低限の把握はネットで済ませておく。

不動産の売却を考える場合、「地価が上昇しているタイミングでできるだけ高く売りたい」と考えるものですが、売却の事前準備として、自分でできることは済ませておきましょう。

たとえば青葉区の一戸建てでも、最寄り駅からの距離や周辺の生活施設の充実度によって、売却価格に差が生まれます。

これらはネットを使えば簡単に調べられるので、交渉前に自分で把握しておきましょう。

■タイミングを考えるのは自己診断を終えてから。

仙台市青葉区は、ここ数年の地価に大きな変動がなく落ち着いています。

売主としては儲けが少なく面白くないでしょうが、相場が安定しているので地価の上昇がないかわりに急落もありません。

タイミングを苦慮する必要はないでしょう。

ところで青葉区の売却物件について、査定前の自己診断はお済みでしょうか。

一戸建ては築年数や傷み具合で査定額が大きく異なるので、事前に目視でチェックしておくべきです。

■人気の青葉区であっても、「タイミング良く高く売りたい」というだけでは売主失格です。

物件の強み・弱みは自己診断しておきましょう。

一戸建てを高く売るためには地価の上昇だけではなく、建物の状態を把握し、強み・弱みを自分で把握しておく必要があります。

査定時や交渉時にあわてないためです。

あえて売りのタイミングを言うなら、そうした自己チェックが終わったとき。

地価の上昇は当面起きそうにありません。